「モロコゾ」とは瀬戸の古い方言で、陶芸の工場(モロ)の小僧さんを指します。やきものに携わる日々をマイペースに更新していきます。


by teppeiterada
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2008年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ちょっと遅かった!

最近暖かい日が続いています。
父のオーストラリア行きなんかでバタバタしているうちに
梅の花も散ってしまいました。

今年はあんまり花がつかなかったし、梅の実の収穫は期待薄です・・・。



さて、ふと思い立って工房のまわりでつくしを摘んで来ました。
お茶の時間につくしの話になって子どもの頃を思い出し、
以前良く採っていた辺りを探してみると、やっぱりありました!
e0115282_9474951.jpg

さっそくバケツを持って、工房まわりの植え込みの辺りをウロウロ・・・
ものの10分で結構採れました。
e0115282_951949.jpg

残念ながら、既に成長しきって先が開いたものが大半でした。
時期がすでに遅かった様です。
まぁそれでも折角採ってきたので、
水にさらして"ハカマ"を取って夕飯のときに卵とじに。
e0115282_9531466.jpg


この"ハカマ"取りが結構面倒で、
子どもの頃、つくしを採って来ると、
じいちゃんやおじさんが一番喜んで、
母はちょっとだけウンザリしていた気が・・・。
もちろん僕等も手伝いましたヨ。



卵とじにしたつくしは、それでもほんのり苦味があって、
春の味わいを楽しみました。

熱燗と一緒に。    ウマイ!
[PR]
by teppeiterada | 2008-03-22 23:38

蔵に吹く風。

今日は瀬戸市の中心部に位置する「瀬戸蔵」の三周年記念イベント、
「蔵de春の感謝祭」が催されました。

ライブコンサートを中心に、様々なイベントが催されたのですが、
尺八奏者の藤原道山さんとのトークライブの相手に
なんと私が大抜擢されてしまいました!


道山さんのウェブページを見ていただければ良く判るのですが多方面でご活躍で、
映画「武士の一分」での尺八の演奏をしていらっしゃる方なのです。

そんな方と対談させて頂けるなんて又と無い機会と思い、
ホイホイ承諾してしまったのですが、今日の会場を見てビックリ。
200人を超えるお客様が詰め掛け、瀬戸蔵を埋め尽くしていました…。

それを見ただけで既に緊張(笑)。




で、実際に舞台に上がる前に打ち合わせ。
大変柔らかな印象の方で、ちょっと安心。

トークライブのお話を頂いて、何か瀬戸へ来ていただく記念になればと
勝手に尺八をイメージして器を作ってみたのですが、
道山さんに見ていただくと大変気に入ってくださいました!


「トークの前に、即興でこの器のイメージの曲をやってみます。」


     ! ! !

まさかそんな嬉しい事って有るのでしょうか?!
道山さんから思ってもみなかった提案が・・・!!




そして即興で演奏して下さった曲は、
吹き抜ける風を思わせる、ときに優しく、そして力強い曲でした。

この演奏が、自分の器の曲なんだ・・・
ものづくりをしている人間として、本当に幸せでした。

自分が道山さんのCDを聴いて感じた、尺八のイメージで作った器。
そしてまた道山さんがその器からのインスピレーションで曲を奏でて下さる。

こんなコラボレーションが出来るんだ!





その後、緊張しながらもなんとか舞台で道山さんとお話しさせて頂きました。
道山さんは演奏だけでなく、お話も大変お上手で、
やっぱり一流は違うなぁ、と感心しきりなモロコゾでした。



いや本当に、道山さんのはからいで、
夢のようなコラボレーションをさせて頂きました。
思い出しても興奮する…

ありがとうございました。


そして、こんな若輩者に素晴らしい機会を与えてくださった、
まるっとミュージアム課の皆様、ありがとうございました。

e0115282_235356.jpg


ちなみに、「まるっとミュージアム課」が

ウチでは何故かよく

「マルトミ税務課」と聞き違われているのはナイショです。
[PR]
by teppeiterada | 2008-03-16 23:53 | 瀬戸・赤津