「モロコゾ」とは瀬戸の古い方言で、陶芸の工場(モロ)の小僧さんを指します。やきものに携わる日々をマイペースに更新していきます。


by teppeiterada
カレンダー

<   2008年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

展示に二件。

28日に三輪浩文さんの展示に行ってきました。

一緒に展示されていた筆文字作家「かなだつとむ」さんの書画、
そして「じょあん」さんのお店の雰囲気と非常に一体感のある展示でした。

彼の得意とする山野草の盆栽的作品、「たね」のシリーズは磨きがかかってきています。
大好評だというのもうなずけます。

めでたく会期が延長となったようですのでお近くの方は是非どうぞ。


コーヒーおごってもらっちゃいました。
ごちそうさんデス。



29日には父をセントレアへ送った後、
深谷和紀くんの展示を覗いて来ました。

こちらもギャラリーの雰囲気と作風がマッチして、
非常に感じのよい展示空間でした。

久しぶりに彼の器を見たのですが、すごく良い器が並んでいてビックリしました・・・。
負けられん・・・!
土と火に対して正面から真摯に取り組む
彼の姿勢がくっきりと浮かび上がるものづくりをしています。

しかも安い。
安すぎるよ、深谷君。
高くなる前にと思ってひとつ購入させて頂きました。
鳴海織部の手付向付。
イイ仕事してます。
8日まで。
[PR]
by teppeiterada | 2008-06-30 23:11 | つれづれ日記

父、カナダへ出発

29日の早朝5時50分。
陶房を車で出発。
東海環状自動車道を通りセントレアへ。

父がカナダへ旅立って行きました。


3月4月と2ヶ月のオーストラリア滞在に続き、
またも2ヶ月の滞在で、作陶と薪窯の焼成、作品展を予定しています。

バンクーバーで陶芸家のキース&シリア・ライスジョーンズ夫妻を2,3日訪ねた後、
アルバータ州グランドプレイリー市北部のハイスという村の陶芸家、
ビビ・クレメントさんの所で7週間近く滞在します。

キース&シリア、ビビさんらとはちょうど十年のお付き合いとなりました。
十年まえの夏に3ヶ月間に渡ってカナダ各地でワークショップをしながら巡った頃、
父はほとんど英語を理解出来ませんでしたが
今ではほとんど不自由を感じていません。

まぁそんな訳で私は通訳のお役御免で留守番なのですが・・・。
また行きたいなぁ。



ハイス村は緯度で言えば樺太の北端くらい。
夏の滞在でも運がよければオーロラが見られます。

私も5年前に空一面に緑の光が波打つようなオーロラを見ました。
ゆらゆらと、時に大きく波打つ壮大な光のショーが1時間以上に渡って繰り広げられ、
まさに心を奪われたように見入ったものです。

それは「美しい」というだけでなく、何か「恐れ」の様なものすら感じさせる、
そんな体験でした。



その年はオーロラの当たり年で、
毎晩のように出ていたのですが、空一面を多い尽くすようなものはその晩一夜限りでした。

今年の空はどうなのでしょう・・・。
今月末から、私の奥さんと息子も渡航するので、
是非オーロラを目に焼き付けてきてもらいたいと思います。



ええ、私は留守番です。
[PR]
by teppeiterada | 2008-06-29 23:12 | つれづれ日記

赤津の木箱屋さん

赤津には三軒ほど木箱屋さんがありました。
うちは赤津焼会館から程近い「安藤木箱」さんにいつも箱をお願いしていました。

全国展開をしている大手の「美萩工芸」さんにも木箱注文をしていますが、
ご近所で小回りの効く大変ありがたい存在でした。



その安藤木箱さんも寄る年波と諸所の事情により、この春工房をたたまれ、
今日、最後の請求書をもって、奥さんと一緒にご挨拶にいらっしゃいました。

この秋で75歳になられるという安藤さんには、

「このサイズで木箱を1個、どうしても二日後に欲しい!」

なんて無理をしょっちゅう聞いて頂いて、本当にお世話になりました。
また工房へ遊びにでも来て下さいと、父と挨拶してお別れしました。



そんな訳で、春から木箱は、やはり赤津にある木箱屋さん、
マツバラ」さんに無理な注文をお願いしています。

マツバラさんの社長さんは非常に気さくな方で、
いつも笑顔で対応してくださいますが、美山のデタラメな注文で困って見える事と思います・・・。

しかし、非常にお仕事が速くて大変ありがたく、頼りにさせて頂いております、ハイ。
申し訳ありません!
[PR]
by teppeiterada | 2008-06-26 18:47 | 瀬戸・赤津

まとまりの無い日記です

1㎥の窯に火が入っているため今日の窯ザヤは非常に暑かったです。

「窯ザヤ」とは窯の入れてある建物、部屋を指す瀬戸の言葉で、
うちは工場の棟続きになっています。

軽量鉄骨スレートぶきの窯ザヤは、
夏は非常に暑く、冬は極寒となります。
しかし、隙間風の吹き込む分だけ一酸化炭素中毒の心配が少ないかな、
と勝手に良い方に考えております・・・。



さて、本日は午後から瀬戸窯業高校専攻科の授業で父の講義があり、
うちの教室へ学生さんらがやってきました。

父は今度の日曜日からカナダへ2ヶ月間の作陶へ出かけるのですが、
それまで予定でギッシリです。

学生さん達が帰られた後は、ハーブ蒸留器「純引」の作製に追われていました。
この「純引」は開発者の野口純さんのご依頼で父が成型しているのですが、
なかなか難しい点が多く、いつも非常に苦労しています。

私は私で、カメの香合の納期が迫ってきており急いでおります。
蒸し暑さで、汗が引かずベタベタして不快な中、
小さな香合に刷毛を当てて施釉していると変な疲れが・・・。

相変わらすバタバタの美山陶房の一日でした。
[PR]
by teppeiterada | 2008-06-25 19:23 | つれづれ日記

バジルの花

バジルの花ってはじめて見ました。
うちの奥さんの家庭菜園です。
奥にはミントの密林が…。

e0115282_1472941.jpg


スウィートバジル山盛り使ってパスタが作りたいです。
[PR]
by teppeiterada | 2008-06-25 14:07 | つれづれ日記

おひさまに感謝。

久々に明るい朝。
洗濯日和は陶芸にも言えることで、
今日は早速朝から器を表にだしました。

昨日今日と干した器を釉がけして窯詰めです。
昨日の朝まで湿っていた丼も、今日の午前中いっぱい干した後、
伊羅保釉をかけました。
思いのほかよく乾いてくれました。
e0115282_18594969.jpg

伝統的に素焼をしない赤津焼きでは、
重ね塗りをするときには施釉後にもう一度干して乾燥させます。
それからこの丼には織部を塗りました。
e0115282_1915098.jpg

写真では判りにくいですが、グレーっぽいところが織部釉です。
完成品がとなりにありますが、
釉薬の知識が無い人にはとてもこのように色の変化が起こるとは考えにくい事かと思います。

夕方、全ての施釉終了後に窯詰め開始。
ついさっき完了して火を入れました。
e0115282_1953091.jpg

明日の工場は暑いです・・・。
[PR]
by teppeiterada | 2008-06-24 19:05 | つれづれ日記

梅雨の晴れ間に。

昨日は一日しっかりと降ってくれまして、
土曜日に削った丼などがほとんど乾いておりません。

今朝も雨模様で「まいったなぁ~」と思っていたら、
10時ごろから雨があがって雲間から太陽が・・・


チャーンス!とばかりにHさんと二人で40枚近くモロ板を外へ運び出しました。
e0115282_18283771.jpg


出来れば明日にでも窯詰めしたいので、
雨の危険もありましたが出来る限り干しました。

幸い突然降り出す事もなく、4時ごろに仕舞うまではもちました。
丼はもう一日干せれたら完璧ですが、
乾き具合を見て、釉薬がかけられそうなら明日の午前中にかけたいと思います。


あした天気にな~ぁれ・・・っと。
[PR]
by teppeiterada | 2008-06-23 18:34 | つれづれ日記

雨の土曜日。

陶芸教室の終わりがけ、4時ごろになって雨が本格化。
土砂降りになりました。
教室を終えた皆さんが帰る時には傘をさして歩くのも大変なほど。

今は小康状態ですが明日にかけてまだ降りそうです。



真冬の気温の低い時期もそうですが
梅雨は器の乾燥が遅くて困ります。

現代に生きる陶工ですので、ガスの乾燥室なんてものも有るのですが、
この原油高のご時世に使いたいとは思いませんねぇ・・・。


e0115282_1846711.jpg

写真は昨年亡くなった祖父の植えた紫陽花です。
今年もきれいな花をつけてくれました。
[PR]
by teppeiterada | 2008-06-21 19:00 | つれづれ日記
e0115282_18404123.jpg

本日スタートの榛澤 宏さんの作陶展「はんちゃんの器展」に行って参りました。

場所は瀬戸のやきもの長屋にある「ギャラリーくれい」さん。

赤津の窯元「白峰園製陶所」で3年、
多治見の黒岩卓実さんのもとで3年と修行を積んだ榛沢さん。

以前は近所だったのでよく呑んだものですが、
多治見へ移って以来、なかなか会う機会も少なくなってしまいました。

そんな榛沢さんの器を見るのは久しぶりだったので非常にワクワクして行ってみると
カッコイイ器、ステキな器がいっぱいの展示でした。

やるなぁ。


で、こちらの二点を購入。
e0115282_18504235.jpg

トルコ青の器は、うちの奥さんへプレゼント。
織部の鎬の入った「羽形皿」は自分使いです♪



それにしても、榛沢さんDM出してくれませんでした。
電話で問い詰めてみたら

「いやさぁ、ひっそりやろうと思って・・・」

だそうです。


くれいさんのホームページで見つけたから良いようなものの・・・酷いなぁ。
うちのブログで告知してやる(笑)!




榛澤 宏 作陶展 「はんちゃんの器展」

「ギャラリーくれい」にて6月20日(金)~7月29日(火) 
瀬戸市湯の根町68
TEL/FAX:0561-82-0847
営業時間 AM11:00~4:00 定休日 水・木
[PR]
by teppeiterada | 2008-06-20 18:57 | 展示など
e0115282_18495551.jpg

美山陶房を1年ほど前に卒業した深谷和紀君。
彼の初個展が愛知県三好町のCar-Denさんのギャラリーにて開催されます。

DMからはどんな作品なのか判りませんが、
食器や花器などの雑器が中心の個展になるようです。


美山陶房を卒業していった兄弟弟子の中でも一種独特の感性を湛えた深谷君。
どんな作品展になるのか非常に楽しみです。




深谷和紀 作陶展 「グリーン★ドラゴン」
6月26日(木)~7月8日(火)  作者在廊:金・土・日

Car-Den
愛知県西加茂郡三好町大字黒笹字西新田1205-1
tel:0561-35-5015
open:9:00~19:00 水曜定休日
http://www.fm-beat.com/carden/index.php
[PR]
by teppeiterada | 2008-06-19 19:00 | 展示など