「モロコゾ」とは瀬戸の古い方言で、陶芸の工場(モロ)の小僧さんを指します。やきものに携わる日々をマイペースに更新していきます。


by teppeiterada
カレンダー

<   2008年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

秋の窯めぐり テーブルコーディネート企画「ちょっと拝見!窯元・陶芸家の食卓」に絡めまして
本日の食卓より写真を一枚。

e0115282_512460.jpg


近所に住む親戚から良くお野菜を頂きます。
非常に助かっております。
感謝。


本日の昼食は、その頂いた冬瓜の「ひき肉あんかけ煮」。
父の土鍋でグツグツ・・・。

ご飯も進みます。



副菜は菜っ葉の漬物ですが、こちらも別の方からの頂き物。
ありがたいです。







10月26日の朝食の様子はコチラ
[PR]
by teppeiterada | 2008-10-29 23:59 | 赤津窯の里めぐり
秋の窯めぐり テーブルコーディネート企画「ちょっと拝見!窯元・陶芸家の食卓」に絡めまして
本日の食卓より写真を一枚。
e0115282_1294518.jpg


茹でたうどんを各自で取り分けて、
暖かいおつゆや鰹節、醤油、生卵、などなどを自分でトッピングするお昼でした。

私はお汁で先ず頂いてから、納豆で一杯、
生卵と醤油、刻んだ漬物とじゃこを入れて一杯と三杯いただきました。

ハライッパイです。







10月23日の晩ご飯の様子はコチラ
[PR]
by teppeiterada | 2008-10-23 23:58 | 赤津窯の里めぐり
秋の窯めぐり テーブルコーディネート企画「ちょっと拝見!窯元・陶芸家の食卓」に絡めまして
本日の食卓より写真を一枚。
e0115282_4214870.jpg


本日10月26日は祖父の命日。

一周忌法要の為に、昨日のうちに遠方より妹夫婦も駆けつけてくれました。


いつもは私たち夫婦と息子の3人での朝ごはんですが、
今朝は妹夫婦と、一番下の妹と婚約者のヨウスケくんを交えて7人での朝食。


賑やかです。



パンと鬼饅頭は私の奥サン手作り。
パンにはバターと蜂蜜、ジャムとクロテッドクリームなんかを好みで付けて頂きます。

クロテッドクリームは瀬戸のイオンに普通に置いてありました。
スコーンにジャムと乗せると相性抜群のイギリスの濃厚なクリームです。

ちょっと太りそうカモ。







10月23日の昼食の様子はコチラ
[PR]
by teppeiterada | 2008-10-23 23:58 | 赤津窯の里めぐり
秋の窯めぐり テーブルコーディネート企画「ちょっと拝見!窯元・陶芸家の食卓」に絡めまして
本日の食卓より写真を一枚。
e0115282_11592282.jpg


今日の逸品はこちら「鈴波の粕漬け」!!
もちろん頂き物であります(笑)!!!

日本人に生まれて良かった、と食事中に感じる逸品ですね。
本当に美味しい。


今日は7人の食卓でしたが、父の弟子のHさん は粕漬けが食べられないので
分け前が増えました。
カワイソウニ。
e0115282_1265145.jpg








10月22日の朝食の様子はコチラ
[PR]
by teppeiterada | 2008-10-22 23:59 | 赤津窯の里めぐり
秋の窯めぐり テーブルコーディネート企画「ちょっと拝見!窯元・陶芸家の食卓」に絡めまして
本日の食卓より写真を一枚。
e0115282_11464651.jpg


今朝は奥サン作「パンプキンマフィン」を頂きました。
友人からもらったレシピ通りだそうですが、とっても美味しかったデス。

マフィンの乗っているのは榛澤 宏さん作の器です。










10月19日の昼食の様子はコチラ
[PR]
by teppeiterada | 2008-10-22 23:58 | 赤津窯の里めぐり
e0115282_23303223.jpg

美山陶房の駐車場には、おとなりの山からドングリが転がってきます。


クヌギの実、いわゆる「団栗(ドングリ)」には
フサフサというか、トゲトゲというか、イガイガした?帽子がついています。
e0115282_23311372.jpg

これ、うちでは「トチカサ」と呼ばれていますが、
正式には「殻斗(かくと)」と言います。



これを集めて、水に浸すと真っ黒な汁になります。
赤津では伝統的に、この「トチシブ」と呼ぶ液体に織部の器を漬けることによって
「織部の渋抜き」をしてきました。

以前紹介させていただいた記事はコチラ




うちは織部の器を大量に作るわけでは無いので、
毎日駐車場に落ちてくるトチカサを拾いながら工場へ行くと、
秋から冬の間に大体一年分くらい溜まります。

ポイントは雨が降る前に拾う事です。
濡れるとすぐにシブが出てきてしまうので、
落ちたものをすぐに拾ってあげると効率よくトチシブが出来ます。


言ってみれば、赤津の窯元の「秋の収穫」なのでした。
[PR]
by teppeiterada | 2008-10-21 23:44 | つれづれ日記

ご多分に漏れず。

「ご多分に漏れず」
世間一般と同様に、例外なく、という意味で、

「ご多聞」は誤りだそうです。




名古屋近辺、東海地方のご多分に漏れず、
我が家はドラゴンズファンばっかりです。

(あ、もちろんこの地域にも巨人や阪神のファンもいますから"例外なく"って意味では変ですね。)



普段は温厚なじいちゃんも、中日が負けると

「死ね!このクソダワケ!!」

と、無茶苦茶な暴言ぶりでした。



もっとも、勝っても

「うっは~!ざッまぁ見ろ!!」

と口が悪いのですが。




去年中日が半世紀ぶりの日本一になった時には、
仏壇に日本一の記事を飾って報告しました。


今月26日はじいちゃんの一周忌。
早いもんです。







で、結局何が言いたいかと言えば、
クライマックスシリーズ第一ステージ突破で嬉しいなと(笑)。

ウッズのホームランは鳥肌立ちました。
99年の山崎武司の"バンザイホームラン"を思い出した。
[PR]
by teppeiterada | 2008-10-20 23:46 | つれづれ日記
秋の窯めぐり テーブルコーディネート企画「ちょっと拝見!窯元・陶芸家の食卓」に絡めまして
本日の食卓より写真を一枚。
e0115282_11364778.jpg


昨晩の残りの炊き込みご飯、ヒヨコマメと、
奥サンの実家、熊本の「とんこつラーメン」と「ピーマン」が本日の昼食です。


ピーマンはフライパンで炒めたものに醤油をかけて頂きます。
好みでおろし生姜をつけますが、シンプルで美味しい。
ちなみにおろし生姜は父の作の織部のぐい呑に入っています。



今回飯碗に使っているのは、私が以前使っていた茶碗ですが、
実はじいちゃん作のお抹茶茶碗です。
昔からうちでは抹茶茶碗の"ペケ"なんかをご飯茶碗にして使っていました。
汁碗にしてつかっている物もあります。










10月19日の朝食の様子はコチラ
[PR]
by teppeiterada | 2008-10-19 23:59 | 赤津窯の里めぐり
秋の窯めぐり テーブルコーディネート企画「ちょっと拝見!窯元・陶芸家の食卓」に絡めまして
本日の食卓より写真を一枚。
e0115282_11213314.jpg


私の奥サンは、子供ができてからパン作りが趣味となりました。
と、いうのも、息子が1歳過ぎくらいの頃に買ってきた食パンを食べない事がありまして、
なんとなく不安になった事がきっかけでした。

それから小麦粉を買って、自分でパンを作ってみたら息子も食べるようになり、
小麦粉の種類やら天然酵母やらに懲りだしてすっかりハマった様です。




一番喜んでるのは私です(笑)。



今朝のメニューは「ハニーバタートースト」。
厚切りのパンをトーストして、バターと蜂蜜タップリのボリューム感ある朝食です。

牛乳大好きな私はいつも大きめのマグで牛乳を飲みます。
300cc以上は入るタップリサイズ。
私の作の"土鍋土"製のマグはコーヒーの温めなおしでレンジに入れても
とってもウマく温まると奥サンに好評であります。


パンの乗ってる角皿は厚川文子さんの器。
やわらかな表情の器で、朝食時によく活躍してもらっています。

バターポットは奥サン作。
バターは常温で置いてあるので、4分の1サイズくらいの量が入る大きさです。









10月18日の食卓の様子はコチラ
[PR]
by teppeiterada | 2008-10-19 23:58 | 赤津窯の里めぐり
半田のISSEIDOさんでの展示も終わり、
無事搬出してまいりました。

個人的には、ちょっと大物を多くしてみた結果、
昨年より売り上げは落としましたが、"良い評価"を頂いたと思います。

評価だけに終わらない、売り上げと両立させたいです。
精進精進。


搬出後、杉浦社長に打ち上げで大変ご馳走になりました。
すっごく面白い方で、若いモンを育てる気持ちの有る、ありがたいお方です。
ご馳走まです。ありがとうございました!


ラシックで個展をさせて頂けるお話を頂きました。
燃えて来た・・・!






e0115282_19211864.jpg
さて、こちらは現在仲間の作家らと一緒に企画している展示のご案内です。
DM、チラシなどが、結構ギリギリになってから本決まりになった都合でまだ出来ていません・・・。


参加作家はコチラ。

大岩久乃
新宅雄樹
鈴木琢磨
寺田鉄平
中根理
中根栄二
新實広記
藤下君子
藤田雅也
本多晋一郎
吉田英美


会場となる堀部邸は明治の建築で、国の登録有形文化財となっています。
士族出身で養蚕業を営んでいた方の建てられたお宅だそうで、
武家の住宅の様式が残されているとの事。

25日、26日の「犬山 城下町秋まつり」には、
犬山城へのメインストリートに位置する「弐番館」さんにも
PR展示をさせて頂きます。

山車も出るんですかね?
お祭りと併せて、またお祭りの後にゆっくりと、
芸術の秋を堪能しにお出掛け下さい。

「古民家アートプロジェクト2008
 犬山 -堀部邸-」



2008年10月25日~11月2日
犬山城下町 「堀部邸」 「弐番館(10/25・26のみ)」
愛知県犬山市
open:10:00~16:00
     (10/25・26のみ9:00~17:00)

(10月21日地図追加アップしました↓)
e0115282_14545825.jpg

[PR]
by teppeiterada | 2008-10-19 23:17 | 告知