「モロコゾ」とは瀬戸の古い方言で、陶芸の工場(モロ)の小僧さんを指します。やきものに携わる日々をマイペースに更新していきます。


by teppeiterada
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

曲がった煙突。

e0115282_12213331.jpg

先日の「春の嵐」でガス窯の煙突が一本曲がってしまいました。

工場の屋根に梯子をかけて屋根に上がると足がすくみます…。


煙突は少し曲がっただけなので簡単に戻りました。
ちぎれてしまった支えの針金を張り替えて修理完了。



落ち着いて周りを見渡すと、ようやく開きだした桜の花がチラチラ見えます。
赤津の満開は、この週末くらいでしょうか。
[PR]
# by teppeiterada | 2012-04-09 12:21 | つれづれ日記

陶器の墓場

e0115282_14294518.jpg

職人の手や機械を経て成形され、炎と熱によって
器であったり、作品としての命を与えられた「やきもの」。

その全てが誰かの手に渡り、大切にされるわけではなく、
産業廃棄物として処分されるやきものも少なからず有ります。


うちの工房から出たペケの器や粘土くずを廃棄する為に、組合の産廃へやって来ました。
デッドストックでしょうか、キズの有るものはともかく、完品の商品らしき物も堆く積み上げられています。

一年の季節で巡る商品なら来年まで置いておけるのでしょうが、
その年だけの商品は在庫にしても次が無い、もしくは10年以上先である為に廃棄されるのでしょう。



粘土を採掘した後の廃鉱が処分場となっていますが、
やきものの瓦礫が山となって埋め尽くしていきます。

先日うちの下から出てきた「ものはら」も、400年前の産廃でした。
自分が瀬戸の歴史、やきものの歴史の上に立っているのだと実感した、あの「ものはら」。

そして今、立っている処分場も、紛れもない、現在進行形の瀬戸の歴史です。
私の手が作り出した産廃が、”歴史”を少し積み上げます。




足元の粘土くずが雨でぬかるみ、足取りを重くさせます。
靴底に付いているのは、ちょっと前まで”縁起物”だった商品たちの破片。
大きめの破片で靴底をこしげ、トラックへ乗り込みました。
[PR]
# by teppeiterada | 2012-04-06 14:29 | つれづれ日記

ガス窯のバーナー掃除

e0115282_21251711.jpg

うちの0.3立米の窯です。
このところあまりに温度の上がりが悪いので
バーナーの掃除をすることに。

e0115282_21251611.jpg
e0115282_21251620.jpg
窯の底にまっすぐに吹き上がる形で据えられたバーナーには
ゴミが落ちればそのままノズルへ落下してしまう。
掃除機などでちょくちょく掃除はしていたのですが、
ノズル部分のススは防ぎようが無い。

e0115282_21302383.jpg

窯の下から取り外して分解してみると・・・

e0115282_21251865.jpg

この有様でした!


思えば三年以上掃除してなかったなぁ・・・
ゴメンよ、0.3。

e0115282_21251812.jpg

久々に登場のノズル掃除用の針金です。
e0115282_21251966.jpg

表面のススを拭って、針で穴をキコキコと掃除。

これで温度の上がりも良くなって、燃費もアップの予定です!
[PR]
# by teppeiterada | 2012-03-17 21:39 | つれづれ日記

FITオリジナル湯呑

e0115282_10222782.jpg


HONDA ”FIT”のロゴ入り湯呑です。

おっと、商標の無断使用ではありません(笑)。
メルマガの懸賞品としてご依頼を頂き制作したものなのです。
FITのボディーカラーは16色あるのですが、その中から特にイメージカラーである
4色(モカ・ブルー・グリーン・サンセットオレンジ)で制作。
口元のみのモノと、外側を大きく塗りつぶしたモノと二種類のペアになっています。

応募はすでに終了しています。
当選者の方に喜んで頂けるといいのですが・・・。
[PR]
# by teppeiterada | 2012-03-12 10:24 | つれづれ日記
e0115282_1015927.jpg


六本木、国立新美術館「SFT GALLERY」での飯碗のグループ展に参加させて頂きます。
3月末からの約二カ月間のロングランになるこの企画は鎌倉「うつわ祥見」祥見知生さんのプロデュース。
自分も参加者ではありますが、会期中に是非足を運んで選りすぐりの飯碗達に会いに行きたいと思います。


『MESHIWAN 贈る器』
3月28日(水)~5月21日(月) 
国立新美術館地階 SFTギャラリー 

出展作家
浅井純介 石田誠 尾形アツシ 小野哲平 小山乃文彦 
掛江祐造 亀田大介 寒川義雄 郡司庸久 田村一 寺田鉄平 鶴見宗次
 額賀章夫 村木雄児 村田森 横山拓也 吉岡萬理


東京都港区六本木7-22-2 国立新美術館B1  03-6812-9933
10:00-18:00 (金曜日のみ20:00まで)
毎週火曜日定休(祝日又は休日に当たる場合は開館し、翌日休館)
http://www.souvenirfromtokyo.jp/gallery/


うつわ祥見
http://utsuwa-shoken.com/
[PR]
# by teppeiterada | 2012-03-12 10:17 | 告知