「モロコゾ」とは瀬戸の古い方言で、陶芸の工場(モロ)の小僧さんを指します。やきものに携わる日々をマイペースに更新していきます。


by teppeiterada
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

家にサヨナラ。

e0115282_18262878.jpg


1月17日
父が襖に家への感謝の言葉を書いてました。
[PR]
# by teppeiterada | 2012-01-17 23:59 | つれづれ日記

家紋の取り外し。

e0115282_18204388.jpg

1月14日
取り壊しに先駆けて家紋の取り外し。

直径1m近い、織部の家紋は祖父の作。
でもこれ・・・残念ながら、紋が間違ってます(笑)。

うちの家紋は「七五三根笹」。
うえから七・五・三と茎や葉が配置されていないといけないのですが
若干上の部分が多いようです・・・。
[PR]
# by teppeiterada | 2012-01-14 23:59

粘土槽

e0115282_2353223.jpg

今日は1トン車で二往復。
粘土を2トン仕入れて工房の足元に切ってある
粘土槽に貯蔵しました。


コンクリート製の粘土槽には鉄のフタが乗っていて、
この中にいれておくと半年くらいなら堅くならずに置いておけます。
[PR]
# by teppeiterada | 2012-01-14 23:53 | つれづれ日記

解体祭。

e0115282_21514796.jpg

母屋の建て替えに向けて、家の精抜きをする”解体祭”を行った。
神主さんに来て頂き、家のなかに祭壇を設けて祝詞をあげて頂く。

その間、ふすまや戸棚などをちょっとずつ空けておいて、祝詞の効果が隅々まで行き渡るようにとの事でした。そしてその晩には先祖の霊が集まっているので、なるべく日付が変わるまで起きていて、一緒にすごす事が大切だと言われました。

家を守ってきたり不浄を請負って下さった神様方と、築90年近い母屋で過ごしたご先祖様方に感謝し、共にすごすという素晴らしい一日となりました。

家の建て替えは本当なら昨年10月ごろからスタートの予定でしたが、土留めの施工業者の選定などで大幅に遅れていたのですが、その結果、たまたま解体祭の場に里帰り出産の妹が居たり、私の奥さんも妊娠4ヶ月だったり、私の誕生日だったりと何かのお導きだったような気がしています。

取り壊しは17日から開始。
地鎮祭には息子も保育園を休ませて、その場に居させてやりたいと思います。
[PR]
# by teppeiterada | 2012-01-11 23:59 | つれづれ日記

解体祭

寺田家母屋の建て替えに向けて、家の精抜きをする”解体祭”を行った。
神主さんに来て頂き、家のなかに祭壇を設けて祝詞をあげて頂く。

その間、ふすまや戸棚などをちょっとずつ空けておいて、祝詞の効果が隅々まで行き渡るようにとの事でした。
そしてその晩には先祖の霊が集まっているので、なるべく日付が変わるまで起きていて、
一緒にすごす事が大切だと言われました。

家を守ってきたり不浄を請負って下さった神様方と、築90年近い母屋で過ごしたご先祖様方に感謝し、
共にすごすという素晴らしい一日となりました。

家の建て替えは本当なら昨年10月ごろからスタートの予定でしたが、
土留めの施工業者の選定などで大幅に遅れていたのですが、その結果、
たまたま解体祭の場に里帰り出産の妹が居たり、私の奥さんも妊娠4ヶ月だったり、
私の誕生日だったりと何かのお導きだったような気がしています。

取り壊しは17日から開始。
地鎮祭には息子も保育園を休ませて、その場に居させてやりたいと思います。
e0115282_0582225.jpg

[PR]
# by teppeiterada | 2012-01-11 23:59 | つれづれ日記